うちの子に出来ますか?

お問合せや体験レッスンを受けて心配される親御さんにはこう答えるようにしています。

うちの子に出来ますか?
→小学4年生以上で五科目が平均点取れる子は9割が解ける難易度です。

昔からレゴなどのブロック遊びが好きだったのでさせたい
→ロボットの組み立てはカリキュラムの1割程度です。9割はプログラミング作業による思考力を使った時間となります。

親にプログラミングスキルがないのですが?
なくても大丈夫です。大人の思考力があれば解けます。子供と一緒に解いていくことで家族の絆も深まります。

算数や数学の知識は必要ですか?
→楽器ロボットを作るテキストを例に取ります。鍵盤の数を想像してください。白鍵が7個・黒鍵が5個、12個で次のオクターブに移動します。24個で次のオクターブに移動します。36個で次のオクターブ・・・というように、掛け算を使えば早く済みます。掛け算を知らなくても足し算でも解けます。足し算を知らなくても教室にあるピアノを実際に触って鍵盤の数を数えても解けます。要は学習効率の問題だけで、ある程度思考力を働かせて取り組める子どもなら大体は理解が出来ます。

TVゲームが好きだからプログラミングを習わせたい
→このケースは正直にいって悩ましいです。冒頭の質問のように五科目を平均的に取れる子どもが望ましく、ゲーム遊びから得た知識やスキルははっきりいうと不要です。遊びと学びは別物だと割り切ったほうがいいです。テキストも一冊に一問くらいは頭を働かせないと解けない問題は出てきます。ここで子どもの集中力に差が出ます。ゲーム遊びの延長で考えていると難題に当たるとすぐに折れます。TVゲームが全て悪い訳ではないですがTVゲームによる子どもの『睡眠不足』、これは絶対悪ですね。集中力が切れやすく、百害あって一利もないと言い切れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

豊津に移転し1ヶ月

次の記事

立ち話