年度の替わるタイミング

やはり子どもを持つ親としては子どもの進級が大きな変化でしょうね。次の担任の先生はどんな人かな?授業時間が増えてついていけるかな?そして、新たな習い事にチャレンジしてみようかな??という時期でもあります。

当教室は基本的には高学年からの受講を推奨しています。小学生がアーテックのプログラミング教材をしっかりと理解してサクサクと進む割合は、4年生が5~6割、5年生が6~7割、6年生が8~9割くらいといったところでしょうか。レゴブロックで遊ぶ、TVゲームで遊ぶ感覚で受講すると難易度にちょっと戸惑うかもしれません。当たり前ですが、学習教材としてはしっかりと作られています。

実は問い合わせで一番多い学年が3年生です。これから新3年生になろうとする現2年生ですが、おそらくしっかりと理解してペースよく進める子どもは2~3割くらいだと思います。教室だけで完結しようとしたらおそらくもっと低い割合になると思います。そこで大切になるのは家庭学習となるのですが、お家では親子でプログラミング学習に取り組んでください。

子どもが幼児の頃、楽器を習わせようかと考えた親御さんも多いと思います。楽器の上達ほど家庭での練習が全てといえる分野もありません。そこにはどうしても親御さんのサポートが必要になります。このプログラミング学習も楽器と同様に親子で学習に取り組んでください。以上、教室からのお願いでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください